その昔、豊臣秀吉が築いた名護屋城・・・
   その名護屋城跡から見下ろせる、麦原と言う地区に炎向窯はあります。
    薪窯が焚ける環境の中、炎に手助けしてもらって焼き上げている品達です。
     窯元は、炎に向かっていかなくてはと言うことで『炎向窯』としました。
      また『ヒナタ』と読むことで暖かさを感じて頂ければと言う思いもあります。
  本当は、直接手に取って見て頂きたいのですが・・・
   写真&商品説明を頑張ってUPしていきますので、よろしくお願いします。

窯元が直接販売しているショップです(*^。^*) 業務用など、お気軽にご相談くださいませ。
会員登録して頂くと、初会入会時に100円分のポイントプレゼント! 
お買物金額の10%のポイントが付きます、(1ポイント1円)

  • スライド2

 山盃(絵唐津/長石釉)

商品コードA000000026
価格3,000(税込)
ポイント10
在庫 1
数量  

 山盃(絵唐津/長石釉)

商品説明
【商品詳細】
 口径・・・約9.5㎝
 高さ・・・約3.2㎝
 重さ・・・約83g
 容量・・・約80cc
【商品説明】
 唐津焼きとしては、一般的な絵唐津です。(皮鯨)
 長石と言う白っぽい石と薪の灰を調合して作った釉薬を掛けています
 この品は、全体に梅華皮が出ていて、使っていくうちに趣を増していくと思われます。
 高台も、糸底がのこっているので拡大して見てみてください。
 形としては、山盃と言って、日本酒を飲んで香りを楽しむためには、最良の形と言われています。
Copyright ©唐津焼 炎向窯 All Rights Reserved.