その昔、豊臣秀吉が築いた名護屋城・・・
   その名護屋城跡から見下ろせる、麦原と言う地区に炎向窯はあります。
    薪窯が焚ける環境の中、炎に手助けしてもらって焼き上げている品達です。
     窯元は、炎に向かっていかなくてはと言うことで『炎向窯』としました。
      また『ヒナタ』と読むことで暖かさを感じて頂ければと言う思いもあります。
  本当は、直接手に取って見て頂きたいのですが・・・
   写真&商品説明を頑張ってUPしていきますので、よろしくお願いします。

窯元が直接販売しているショップです(*^。^*) 業務用など、お気軽にご相談くださいませ。
会員登録して頂くと、初会入会時に100円分のポイントプレゼント! 
お買物金額の10%のポイントが付きます、(1ポイント1円)

  • スライド2
  炎向窯は佐賀県唐津市鎮西町麦原にあります。
近くには、名護屋城跡・波戸岬があります。私が生まれ育った自然豊かな所です。
19歳の時、近所にあった窯元を見学に行ったのがきっかけでこの道に入りました。
48歳で独立するまでの29年間、沢山の事を勉強させて頂いた両先生方には、本当に感謝しております。
 炎向窯の一日は、ワンコ達の散歩で始まります。それも早朝ではなく、NHKの朝ドラを見てから、ゆっくりと1時間程かけて・・・猫達・鳥達・植物達の世話をして・・・の~んびりしたものです。
そして、お昼寝は欠かせません。(15分位のお昼寝は、体にも良いそうです。)
ゆったりと流れる時間の中から、炎向窯の品々は生まれてきます。一日の終わりは、これまたワンコ達の散歩。 
 これが終わると、やっと自分の時間です。落着いてロクロの前に座れます。時間はゆっくりと流れるのですが、1日はあっと言う間に過ぎていきます。
 日々、無心で土と語らい、炎を味方にしながら、暖かさを感じてもらえる作陶を志しています。この様な環境に身を置けることに感謝しつつ日々過ごしています。
1957年・・・佐賀県唐津市鎮西町に産まれる
1976年・・・『御庭窯』勤務 姉川氏に師事
1981年・・・『大杉皿屋窯』勤務 大橋裕氏に師事
2005年・・・『炎向窯』独立開窯(北波多)
2012年11月・・・鎮西町麦原に移転
2013年2月・・・割竹式薪窯築窯
2015年2月・・・唐津焼協同組合加入
2015年12月・・・佐賀県唐津市の『ふるさと納税』お礼品登録

Copyright ©唐津焼 炎向窯 All Rights Reserved.